本文へ移動

ラボ分析機器

最新情報

アジレント新製品情報 : Cary 3500 UV-Vis 分光光度計 / 8700 LDIR ケミカルイメージングシステム

2019-01-17
新製品 Cary 3500 UV-Vis 分光光度計
 
Agilent Cary 3500 UV-Vis 分光光度計は、優れた測光性能と独自の測定能力を備えています。複数の構成が用意されており、例えばマルチゾーンマルチセルでは、8 つのキュベット位置で同時に最大 4 つの温度ゾーンを設定できます。Cary 3500 UV-Vis は性能と低所有コストに定評があり、実験計画の効率化と、結果の信頼性向上を実現します。 
 
 (詳しくはお問合せお願いします)
新製品 Agilent 8700 LDIR ケミカルイメージングシステム
2018年11月販売開始
 
Agilent 8700 LDIR (Laser Direct Infrared) ケミカルイメージングシステムでは、シンプルでわかりやすい自動化アプローチにより、平面に存在する成分の高精細イメージを確実に得ることができます。機器コントロールやソフトウェアツールを活用することで、分光分析の専門家でもトレーニングを受けた技術者でもサンプルを高速かつ正確に分析することができます。
 
〇  鮮明な赤外イメージング →量子カスケードレーザを光源としているため
〇  より広い視野を迅速に簡単に測定可能
〇  製薬の錠剤分析 →APIと賦形剤を同じ感度で測定可能
 
 
TOPへ戻る